スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年明けまして

おめでとうございます(・∀・)

手役の花形 ~三色同順②~

前回の更新では、一見してクズ手でも直ぐに諦めるのでなく、
孤立牌の放つ手役の影を見落としてはならぬということを述べた。

三色同順は平和に複合させるに非常に有利な役である。
少しでも気配が伺えたら、積極的に狙っていくことであなたの打点力は飛躍的に伸びることだろう。

さて、今回は三色を狙うにちょっとしたテクニックを紹介しよう。

東局 平場 子方 7順目 ドラ 北

三萬四萬六萬七萬二筒三筒四筒八筒八筒二索三索四索六索七索

234の三色が伺える手牌だが、いわゆるターツオーバーの形であり不要なターツの整理が必要である。
三四六七萬の二度受けの形がいかにも邪魔くさいが、ここでは六七萬、六七索どちらを嫌うか。

こんなとき、受け入れ枚数だの、牌効率だのと理屈を並べて六七萬を落とす打ち手は負け組のほうである。
ここは六七索のほうを嫌うのがセオリーだ。

ここで二度受けの形を残しておけば、ハズレの五萬を引いたとしても手牌の形は三四五六七萬となり、
もう一度アタリの二萬に挑戦するチャンスが残るのだ。
一方、六七萬と落としてしまえば、ハズレの五萬を引いたらそれまで、三色チャンスは泡沫と消えてしまう。
せっかく満貫、ハネ満の見えるビッグチャンスが降臨しているのだから、
ここは目ざとく狙ってみてはどうだろう。

では、次のような手牌はどうか。

東局 平場 子方 7順目 ドラ 北

三萬四萬六萬七萬二筒二筒五筒六筒七筒四索五索五索六索七索

同じく二度受けの形が残っているが、今回はどちらを嫌うか。
先ほどと似たような手牌だが、このような場合は三四萬を嫌っていくのが正解である。

先ほどの牌姿との違いは、筋の内目のほうがアタリになっていることである。
この形だと、仮にアタリの五萬を引いたところで、もう一度アタリの五八萬を引かねばならず、
ラッキーが二度必要になってしまうのだ。
これはすなわち確率の面で不利だということになり、従ってここは素直に二度受けの三四萬と外していくのが良いだろう。

二度受けは事実上ペンチャンと同じようなものであり、受け入れ枚数、スピードの面で嫌われがちだが、
敢えて残しておくことで三色チャンスを狙うに有利になることもあるのだ。

しかし、全ての二度受けが三色に有利なわけではなく、
筋の外目がアタリなら二度受けを残し、内目がアタリなら二度受けを払うというのが結論になるだろう。

手役の花形 ~三色同順①~

三色同順は仕上がった形が美しく、巷でも人気の高い手役である。
二階堂瑠美プロがよく好んで狙うことで知られているが、
配牌作業の後にあなたが手牌を開けた際、一色やトイトイ、チートイツ等特殊役の気配がなければ
通常平和を狙って手作りするであろう。

その平和に複合させる役として三色同順と一気通貫はもっともメジャーであり、
平和系の手役でよく比較されることが多い。
では、三色同順と一気通貫、メンゼンでは同じ二翻役であるが果たして得なのはどちらか。

まず一気通貫は数の並びに制約がついている。一から九まで規律正しく並んでいなければならぬ。
従って必然、打ち手は不自由を強いられ、リャンメンでテンパイしないことも多いものだ。
対して三色同順にはこういった制約はなく、数の並びは自由である。
現実には確定三色でリャンメン聴牌というおいしい手牌は少ないものの、
リャンメン高目三色というケースは一気通貫よりは多いということは読者も体感していることと思われる。

また、一気通貫は老頭牌を含むため、タンヤオとは複合しない。
ツモの具合が良くない場合に食いイッツーに逃げることも出来なくはないが、
その際は片和了イッツーでハズレのほうは役無し、あるいはカンチャン、ペンチャンテンパイとなり、
しかも得点は安手の一翻とかなり割損な感じがする。
対して三色のほうはタンヤオと複合させることが出来、万が一の場合は喰い断に逃げることも可能である。

以上のことを統括するに、三色と一気通貫を比較すると三色のほうが優位であると言えるだろう。
従ってあなたが手牌を開けたら、まずは三色同順を思い浮かべるべきなのだ。





配牌の地点ではソーズの一気通貫が伺えるが、234の下三色を執拗に追い、
最終的にドラ入りのタンピン三色まで育てている。
君は一見孤立した二萬が放つ三色の影を見落としてはいないか。
自分の手を大きく育てるには手役そのものを見るのでなく、手役の影を見抜くことが大切なのだ。





一見してクズ平和に終わりそうな大したことのない手であるが、
よくよく目を凝らしてみると六筒、六索が三色の影を投じていることが分かる。
そして六順目でリャンメン塔子を構成する三筒を落とし勝負に出た。

この南四局までは不ヅキに見舞われ全くいいところのなく、艱難辛苦に満ちた展開であったが、
道中はじっと我慢してツキを溜めれば、いつか直線一気のチャンスが開けてくるのだ。

赤麻雀は鳴いて速攻

赤入りルールと赤無しルールの違いは何だろうか。
言うまでもなく赤ドラが入っていることです。ご名答。馬鹿にするなやァい。

では、果たして打ち方も同じでいいのだろうか。
過去何度かに渡って鳴きのセオリーというものを書き連ねてきた。
食い仕掛けの基本原則についてはそちらに譲るとして、
今回は赤入りルール特有の事情に沿ったセオリーを紹介したい。

さて、下記の手牌であるが君はどうしますか。

東局 平場 子方 8順目 ドラ 三筒
二萬三萬四萬六筒七筒二索二索三索四索五索五索六索北 出る 七索

なかなか悪くない手じゃないか。リーチをかけてメンタンピン。
3900が確定していて裏1で7700なら、先制パンチとしてはまずまずである。
では上家から出てきたこの七索はどうしよう。見送るべきだろうか。

赤なしルールであれば、この七索は見逃しで良いだろう。
しかし赤入りルールである場合、筆者であればこの七索は見逃さずに必ず食いつく。
そしてすかさずテンパイだ。

エエッ!何てもったいない!と思うことなかれ。
よくよく見ると、君の手には赤ドラがたったの一枚も入っていないではないか。
さらには使い頃の三筒というドラも受け入れられない形である。

さすれば、卓上に流通している計七枚のドラ牌は他家に流出しているということになる。
君の運気はまことに冷え込んでいて、他家は盛運の限りであるということが言えるのではないか。

順目も早くはないのだし、万が一ドラを組み込んだデカイ手でも上がられたら大変だ。
東局は完全に他家にペースを握られてしまう。
となると、これはさっさとテンパイを果たして、他家の大物手を潰してしまおうではないか。

赤麻雀はツキ始めるとどんどん手の内に赤が寄って来るものだ。
反対に、ツキを逃せば赤は去ってゆく。
赤を組み込んだ大物手をアガることがツキを呼び込む最大のコツであり、
赤を組み込んだ大物手を潰すことがゲーム巧者になるためのポイントなのである。

さて、今度は次のような手はどうしますか。

東局 平場 子方 6順目 ドラ 六索
四萬五萬赤二筒二筒五筒五筒赤六筒二索三索四索六索七索八索 出る 二筒

これはカンタン、鳴きで良いだろう。
東局平場で7700確定なら、メンゼンリーチにこだわる必要はない。
これを見送る理由は特には無いはずだ。

となるとどうでしょう。アレレ、とあることに気がつきませんか。
そうです。手の内に赤ドラがある場合、無い場合、どちらの場合も鳴きを多用することになるのです。

麻雀は平和に始まり、平和に終わると俗に言う。
平和こそが麻雀の役の基本であり、平和の手作りのウマいヘタが
そのまま麻雀の巧拙を計るバロメーターになるのである。

この通説は今でも通用すると私は思っている。
私が打ち手の後ろに回って観戦する場合は、平和の手作りの腕前は必ずチェックするところである。

しかし、赤ドラが登場したことにより、この通説も少し揺らぎつつあるのかもしれない。
赤麻雀はあまりメンゼンにこだわりすぎると、思わぬところで赤ドラに泣かされる危険があるのだ。

押し引きの条件

麻雀は押し引きが大切だと俗に言う。
攻めて負け、守って負けという麻雀格言を以前に紹介したが、
麻雀と言うのは攻めているだけでも、守っているだけでも、
どちらかだけでは絶対に勝てない仕組みになっている。

ではどういう基準で押して、どういう基準で引くのか?
巷の麻雀のコーチ書というのは何故かこの部分をいつも素通りしてしまう。

せいぜい「麻雀の押し引きというのは本当に難しいものですね」の一言が添えてあるだけで、
何度読み返してみても具体的な説明はどこにも見当たらない。

そして何となくで攻め、何となくで守り、
そうやって敗者になってゆくアマチュア雀士のいかに多いことか。

この平成二十数年の世になっても麻雀の戦術と言うのは
未だに明らかになっていない部分がたくさんあるのが実情だ。
その未明の部分に踏み込んだ解説をしないというのは
出版業界の社会的使命の放棄ではないかとすら思えてくる。

今回は、私が実践している押し引きの判断基準を箇条書きにて示していこう。

①先手、良形、高得点、このうち二条件が揃ったら押し
 後手、悪形、安手、このうち二条件が揃ったら引き

これは人気作家の片山まさゆき先生の考案したシステムだが、
このシステムの意味するところは何だろう。

これはつまり、自分のペースになるまでは前に出て行かず、
じっと我慢していなさいということだと私は考えている。

先手、良形、高得点、これはつまり自分のペースの場合に手牌がこのようになるのだ。
自分のペースのときは手役が狙いやすい配牌だったり、
最初からドラが入ってたり、愚形が少なかったりするだろう。
また、特に苦労せずとも手がまとまって、他家より先に先制リーチ出来る場合が多いはずである。

反対に、後手、悪形、安手というのは自分のペースではない。
アガりたい欲求を押さえ、安全牌を抱えて守備的に打とう。

②安全牌ゼロか1枚は真っ直ぐ、2枚以上で回って可

これも片山まさゆき先生の考案したシステムだが、私は非常に重宝している。
安全牌2枚あれば2順凌げるし、その間に新たな安全牌も開拓されていることだろう。

しかし安牌0枚、あるいは1枚では降りることはほとんど無理だ。
降りることが無理となれば、君が助かるにはアガリにかけるしかない。

降りれる状態ではないのに下手に弱気が出て受けに回ってしまうと
後々安牌に詰まり、ノーテンの状態で危険牌を切らされることになる。
そんな馬鹿馬鹿しい事をするくらいなら最初から全て突っ張り、ストレートにアガリを目指すべきであろう。

③危険牌二枚切っての勝負は無理

麻雀の待ちは良形とされるリャンメンで8枚、対して麻雀牌は全部で136枚ある。
危険牌のたかだか1枚を適当に切ったところで、相当に運が悪くない限りはまず当たらないものだ。

しかし、2枚、3枚と立て続けに切るとなると、恐らくどれかが当たってしまうことだろう。
いくらなんでもこれはさすがに暴牌にあたるから、点棒が惜しければかたく慎むべきだ。

もちろん、安全牌が無い場合は何枚でも全て突っ張っていくしかないが、
いつもいつもこのような冒険をせずとも済むように、
手牌にはある程度クズ牌をストックしておきたい。

④断ラスは押し

これについては説明は不要だろう。
ただし、ハコ下清算やトビ料がある場合などはまた戦術が異なってくるかもしれない。

⑤オーラストップは点差次第

オーラストップとはいっても、僅差でのトップはトップのうちに入らない。
2番手に10000点以上の差(自分が親である場合は12000点以上、彼が親である場合は16000点以上)
をつけていない限りは、安全圏とは言えないだろう。
ギャンブル性の高い昨今の赤ドラ麻雀は、最後まで何があるか分からないからだ。

だからこのような場合は君が攻め切り、自力でトップをもぎ取るべきである。
2番手と満貫ツモ圏内であれば、ゴール前で逆転される可能性も十分考慮し、
君も我が身に仕掛けのムチを打つべきだ。

しかし、最後の最後に来たのが完全バラバラのクズ手となれば
アガリに向かっていいものかどうか、疑問符が灯る。
打ったら3位転落まである状況ならば、ツモられても2着で済むので2着でもやむなし、
と降りる判断も必要になるかもしれない。

20000点もの差があるなら、ガチガチに守備を固めてやりすごそう。
オーラスは必ずしもトップ者と2番手とで決着がつくとは限らない。

必死にアガリにかけてくるのは何も二番走者だけではない。
ラス逃れでラス目が必死に攻めてくるというのはよくある光景だし、
三番手のものも三位固め乃至逆転二着狙いで必死に手作りを進めるであろう。
だからオーラスというのは得てして大混戦になりやすく、競争率の高い争いになりがちなのだ。

ということは、君自らがわざわざしゃしゃり出ることもないのではないだろうか。
セミリタイヤの資金が十分出来たのなら、銃弾飛び交う戦場からは離れようではないか。
後は他の三人に局を回してもらい、君は傍で茶でも啜っていれば良いのだ。

30000点以上の大差なら思い切って攻めてみても良いだろう。
ここまでのデカトップと言うのは相当のバカヅキ状態である。
経験上、こういうときに下手に引いてしまうと、自分からツキが逃げて他家が好調になってしまいやすい。

だからこのようなときは君自らが攻め切り、トップを確定してしまおう。
仮に被弾しても剰余金は十分あるし、子方への放銃であれば局が回るのでサシコミトップになる。
プロフィール

山猫@ニャー

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。