スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートイか、トイトイか

麻雀を背骨で打つ新津潔プロは、チートイツは嫌いだと公言して憚らない。
チートイツという役はとにかく遅く、なかなか手が進まずにイライラしてポンッ、
とやってしまった経験は誰にでもあるだろう。

しかしながらチートイツはドラが絡めばかなりの破壊力になるし、うまくいけば四暗刻に渡ることも出来る。
一般には守りの手役とされるチートイツだが、攻撃の面でもなかなかに強力な手役である。

対して、同じトイツ系の役としてトイトイホウがある。
トイトイは同じ牌を3つ揃えれば一面子となり、ドラえもんのドンジャラと同じであるから、
バカでも出来るトイトイホウなどと揶揄されたりする。

しかしながら、バカでも出来るトイトイホウにもセオリーがあることを忘れないで欲しい。

東1局 平場 子方 3順目 ドラ 西:麻雀王国

三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国西:麻雀王国 ツモ 六萬:麻雀王国

一見してメンタンピン三色を狙えそうな手牌だが、
序盤からリャンメンを思うように引けず、4トイツが出来てしまった。
こんなときは、自分の欲しい筋は大抵は他家がトイツで持っているものだ。
自分の手牌にも、三萬、六萬と、筋でトイツが出来ている。
これをスジトイツと言い、一般にはトイツ場のサインとされている。

こんな時はピンフは狙わず、トイツ系の役を狙うと良いだろう。
では、チートイツとトイトイのどちらを狙うか。

こんな時は、チートイツを狙うのが正解だ。
何故トイトイを狙うべきではないか、答えはその牌組にある。
手牌には中張牌が多いが、赤ドラ麻雀では中張牌は使い勝手が良く、
人気エリアであるため皆なかなか捨ててくれないものだ。

だから、手が進まなくてイライラしても、我慢できずにポンッ!とやらずに、
チートイツで手が纏まるのをじっくりと待つべきである。

それでは、次のような手はどうか。
東1局 平場 子方 3順目 ドラ 西:麻雀王国
一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国八萬:麻雀王国三筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国白:麻雀王国 ツモ 白:麻雀王国

序盤で4トイツ、牌組は端牌、字牌中心、こんな手こそがトイトイホウに向いている。
鳴ける牌が出たら積極的に鳴いて行こう。
上手く行けば三色同刻もつくかも知れない。

ところで、俗にバカ混とはよく言われるが、
バカトイトイとは何故か言われないのは筆者には不思議でならない。
トイトイホウも、他に役が付かなければ2600点でお終いである。それこそバカトイトイだ。
然るに、トイトイホウは打点が5200点以上あることが必要の条件になろう。

5200点と言うことは3ハンだから、トイトイで二役、あと一役は何をつけるか。
一般的なのは翻牌やドラといった辺りになると思う。
前述の理由に拠り、断ヤオ、トイトイホウという組み合わせは
あまりセンスがよろしくないように筆者には思えるのである。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。