スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五の早切りは一四、六九か

五の早切りは一四、六九と俗に言う。
これは二三五や、五七八という牌の並びを残しておいても受け入れの面でメリットは無く、
遊び牌の五をいつまでも抱えていても後々危険牌になるだけであるから、
五を先切りして一四、六九というスジを早々に確定するという牌理に基づくものである。

序盤で四五五や五五六から五を先切りする打ち手もなかなか居ないだろうから、
五の先切りは一四、六九というのは一定の市民権を得たセオリーと言えよう。

ところが筆者は近頃の赤全盛のルールにおいて、このセオリーも変容しつつあると考えている。
まずは以下の手牌を見てみよう。

東1局 平場 西家 4順目 ドラ 九索
二萬三萬五萬三筒四筒五筒五筒六筒五索六索七索八索九索北

なかなか牌姿の整ったリャンシャンテンで、先制パンチを打つには絶好の手だ。
昔だったら、こんな手は遊び牌の五萬を抱えている意味は無いからさっさと切って、
安全牌の北を残すなんてのがセオリーだったと思うが、今はどうか。

この手から北を切るのは安全牌を抱えずノーガードになってしまい、危険なように見える。
しかし、ここで五萬を離し、スジを一四萬に固定してしまうとどうなるか。

近頃は赤ドラ入りのルールが殆どであるから、他家からの一九の出が殊に早い。
赤ドラ無しのルールに比べて、一九が枯れるのが早くなりがちなのだ。
やっとテンパイまで漕ぎ着けて気づいたら、一九がもう在庫僅少ということも少なくない。

然るに、せっかくのリャンメンテンパイでも実質上はペンチャン待ちを強いられることとなり、
この頃は一四や六九は端にかかった良い待ちとは言えなくなってきているのではないか。

従って、ここから五萬を切らずに残しておくという牌理があり得るのだ。
ここで五萬を残しておけば、一萬が枯れても六萬を引けば三萬、二萬と離していけば良いし、
あなたにラッキーがあれば赤五萬をツモることだってあるやも知れぬ。
ツモ六筒ときたら五筒を切り、三六万への渡りを残しつつ、
四七索が先に入ったら五萬を切ってリーチと出る。
赤入りルールでは早い段階で五を離すことは機会損失につながるのだ。

すなわち、早い段階で五の切られること自体が少なくなってきているということになるのだが、
そんな事情がある中で早い段階で五を離す打ち手はどういう打ち手か。

早い段階で五が必要ない役はチャンタ、トイトイ、チートイツ、一色役、国士無双だろう。
このうちスピードも打点も割損なチャンタ役を除くと、残るは一癖ある特殊役ばかりとなる。
五の早切りは特殊役というのが近年のセオリーであるように筆者は思うのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。