スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤオチュー牌のドラの処理方法

配牌作業の後、ドラをめくるとヤオチュー牌だった場合はガッカリしてしまう。
ヤオチュー牌は言わばクズ牌だからメンツを構成する見込みの薄く、
リーチ、ピンフ、クイタン、いずれにせよ使いづらい。
ドラを組み込んでのお手軽マンガンが望み薄くなり、君はこの局、我慢を強いられ面白くないのだ。
もっともそれは他家にとっても同じであるから、つまらない思いをしているのは皆同じなのだが、
ヤオチュー牌のドラは使い勝手が悪く、五に寄せて手を作る赤ドラ麻雀が標準の近代では
歓迎されていないことは確かである。

然るに、ヤオチュー牌のドラには未練を持たず、序盤でサッと切ってしまうのが賢いと私は思う。
「親の字牌ドラ第一打」なんてセオリーを知ってる人はかなりのオールドファンだろうか。
親番ではまずは連チャンせねばならないから、後々トイツになっても後悔したりせず、
ヤオチュー牌のドラに足を取られてのスピードダウンを回避すべきである。

東局 平場 親 1順目 ドラ 九萬
二萬四萬九萬三筒四筒四筒五筒三索五索五索八索八索白中

さて、こんな感じで配牌からドラが浮いている。
こんな時は切り順の大原則があることを覚えておいて欲しい。
これは先に九萬から切り、役牌はその後で処理するのがセオリーだ。

仮に他家にこんな手が入っていたとしたらどうだろう。

裏裏裏裏裏裏裏裏裏九萬九萬東白

ここで九萬を仕掛けると、まずクイタンの可能性が消える。
残る可能性は役牌バック、一色役、対々和、いずれも満貫以上の大物手だから役牌が引っ込んでしまう。
まだ役牌も重なっているわけでないからアテにならないし、九萬を頭にしてのピンフ、
あるいは役なしをリーチで補うということも考えなければならぬ。
従って、九萬から先に切られた場合、他家は渋々見送るというケースが多くなるのだ。
もしここで九萬の処理を後回しにし、その一順で役牌を重ねられてしまったらこれは大変な災難である。

だが麻雀にこの一手なしと言われるように、毎度毎度の馬鹿の一つ覚えというのは禁物である。
例えば以下のような配牌だったらどうか。

東局 平場 親 1順目 ドラ 九萬
一萬三萬五萬六萬六萬九萬三筒四筒七索八索東白發發

この手の場合は親の字牌ドラ第一打、で九萬から切るのはまずい。
手牌をよくよく見ると混一色や一気通貫の可能性がある。
従って、ここはヤオチュー牌のドラを生かせるような手作りを考えるべきだ。

クズ牌を蔑ろにした結果、捨て牌で混一色や国士無双を作ってしまった経験は誰しもお持ちだろう。
セオリーというのはあくまでも状況に拠り、場の趨勢を加味するということを忘れないで欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。