スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手役の花形 ~三色同順②~

前回の更新では、一見してクズ手でも直ぐに諦めるのでなく、
孤立牌の放つ手役の影を見落としてはならぬということを述べた。

三色同順は平和に複合させるに非常に有利な役である。
少しでも気配が伺えたら、積極的に狙っていくことであなたの打点力は飛躍的に伸びることだろう。

さて、今回は三色を狙うにちょっとしたテクニックを紹介しよう。

東局 平場 子方 7順目 ドラ 北

三萬四萬六萬七萬二筒三筒四筒八筒八筒二索三索四索六索七索

234の三色が伺える手牌だが、いわゆるターツオーバーの形であり不要なターツの整理が必要である。
三四六七萬の二度受けの形がいかにも邪魔くさいが、ここでは六七萬、六七索どちらを嫌うか。

こんなとき、受け入れ枚数だの、牌効率だのと理屈を並べて六七萬を落とす打ち手は負け組のほうである。
ここは六七索のほうを嫌うのがセオリーだ。

ここで二度受けの形を残しておけば、ハズレの五萬を引いたとしても手牌の形は三四五六七萬となり、
もう一度アタリの二萬に挑戦するチャンスが残るのだ。
一方、六七萬と落としてしまえば、ハズレの五萬を引いたらそれまで、三色チャンスは泡沫と消えてしまう。
せっかく満貫、ハネ満の見えるビッグチャンスが降臨しているのだから、
ここは目ざとく狙ってみてはどうだろう。

では、次のような手牌はどうか。

東局 平場 子方 7順目 ドラ 北

三萬四萬六萬七萬二筒二筒五筒六筒七筒四索五索五索六索七索

同じく二度受けの形が残っているが、今回はどちらを嫌うか。
先ほどと似たような手牌だが、このような場合は三四萬を嫌っていくのが正解である。

先ほどの牌姿との違いは、筋の内目のほうがアタリになっていることである。
この形だと、仮にアタリの五萬を引いたところで、もう一度アタリの五八萬を引かねばならず、
ラッキーが二度必要になってしまうのだ。
これはすなわち確率の面で不利だということになり、従ってここは素直に二度受けの三四萬と外していくのが良いだろう。

二度受けは事実上ペンチャンと同じようなものであり、受け入れ枚数、スピードの面で嫌われがちだが、
敢えて残しておくことで三色チャンスを狙うに有利になることもあるのだ。

しかし、全ての二度受けが三色に有利なわけではなく、
筋の外目がアタリなら二度受けを残し、内目がアタリなら二度受けを払うというのが結論になるだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫@ニャー

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。