スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤麻雀は鳴いて速攻

赤入りルールと赤無しルールの違いは何だろうか。
言うまでもなく赤ドラが入っていることです。ご名答。馬鹿にするなやァい。

では、果たして打ち方も同じでいいのだろうか。
過去何度かに渡って鳴きのセオリーというものを書き連ねてきた。
食い仕掛けの基本原則についてはそちらに譲るとして、
今回は赤入りルール特有の事情に沿ったセオリーを紹介したい。

さて、下記の手牌であるが君はどうしますか。

東局 平場 子方 8順目 ドラ 三筒
二萬三萬四萬六筒七筒二索二索三索四索五索五索六索北 出る 七索

なかなか悪くない手じゃないか。リーチをかけてメンタンピン。
3900が確定していて裏1で7700なら、先制パンチとしてはまずまずである。
では上家から出てきたこの七索はどうしよう。見送るべきだろうか。

赤なしルールであれば、この七索は見逃しで良いだろう。
しかし赤入りルールである場合、筆者であればこの七索は見逃さずに必ず食いつく。
そしてすかさずテンパイだ。

エエッ!何てもったいない!と思うことなかれ。
よくよく見ると、君の手には赤ドラがたったの一枚も入っていないではないか。
さらには使い頃の三筒というドラも受け入れられない形である。

さすれば、卓上に流通している計七枚のドラ牌は他家に流出しているということになる。
君の運気はまことに冷え込んでいて、他家は盛運の限りであるということが言えるのではないか。

順目も早くはないのだし、万が一ドラを組み込んだデカイ手でも上がられたら大変だ。
東局は完全に他家にペースを握られてしまう。
となると、これはさっさとテンパイを果たして、他家の大物手を潰してしまおうではないか。

赤麻雀はツキ始めるとどんどん手の内に赤が寄って来るものだ。
反対に、ツキを逃せば赤は去ってゆく。
赤を組み込んだ大物手をアガることがツキを呼び込む最大のコツであり、
赤を組み込んだ大物手を潰すことがゲーム巧者になるためのポイントなのである。

さて、今度は次のような手はどうしますか。

東局 平場 子方 6順目 ドラ 六索
四萬五萬赤二筒二筒五筒五筒赤六筒二索三索四索六索七索八索 出る 二筒

これはカンタン、鳴きで良いだろう。
東局平場で7700確定なら、メンゼンリーチにこだわる必要はない。
これを見送る理由は特には無いはずだ。

となるとどうでしょう。アレレ、とあることに気がつきませんか。
そうです。手の内に赤ドラがある場合、無い場合、どちらの場合も鳴きを多用することになるのです。

麻雀は平和に始まり、平和に終わると俗に言う。
平和こそが麻雀の役の基本であり、平和の手作りのウマいヘタが
そのまま麻雀の巧拙を計るバロメーターになるのである。

この通説は今でも通用すると私は思っている。
私が打ち手の後ろに回って観戦する場合は、平和の手作りの腕前は必ずチェックするところである。

しかし、赤ドラが登場したことにより、この通説も少し揺らぎつつあるのかもしれない。
赤麻雀はあまりメンゼンにこだわりすぎると、思わぬところで赤ドラに泣かされる危険があるのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。