スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーチの条件

さて、本ブログでは今まで「安易にリーチするな、リーチするな」と何度もクドクド述べてきた。
ここまで書くとリーチってそんなに悪いものなのか、と思ってしまう読者もいる事だろう。

だがそんな事は決してないので誤解しないでいただきたい。
以前にも述べたように、リーチというのは近代麻雀で勝ち組に回るためには必要不可欠のものだ。
筆者は安直なリーチに警鐘を鳴らしているのであり、
リーチそのものを否定しているわけでは決して無いのである。

近代麻雀では、受けよりも攻めに比重を置く考え方が主流だ。
そしてリーチというのは間違いなくその攻めの中核になる。
すなわちリーチを知らないということは、近代麻雀を知らないという事になるのだ。

さて、リーチというのはどういう行為か。
リーチをかけるということは、回収できるかどうかも分からぬ1000点を支払い、
「私はテンパイしています」とラッパを吹いて回り、そしてそこから先はどんな暴牌でも振る事になる。

どうだろう。傍から見てみると随分な奇行ではないだろうか。
ここまでの奇行をするからには、やはり絶対にアガり切ることが必要である。

あなたが一生懸命組み立てた手牌を果実とするためにも、
供託料として支払った1000点を回収するためにも、また、他家への放銃を避けるためにも、
とにかく君が上がりきってしまう事が一番望ましいのだ。

ここにリーチの大原則がある。
すなわち、リーチというのは絶対に上がれるとみなした場合にのみかけるものなのだ。

さて、それでは絶対に上がり切るにはどうすればいいだろう。
答えは簡単、絶対に上がれるという条件を満たした場合にのみリーチをかければいいのだ。

私のリーチのシステムは非常にシンプルである。
以下の五つの条件をチェックし、リーチするかどうかを決するのだ。

①手牌が最終形に達していること

手変わり牌が二種類以下、あるいは二翻も三翻も打点が伸びるような手変わりが見当たらないこと。
要するに、手牌の持つポテンシャルをフルに引き出したと言える段階で「リーチ」と発声する。

②順目がそれほど遅くないこと

リーチをかけると他家の警戒を誘うことになり、
ロン牌が出にくくなるため、どうしてもツモアガリ頼みになりやすいものだ。
一巡の間にロンのチャンスは3回、ツモのチャンスは1回あるが、
リーチというのはその3回を放棄する事になるとも言えるだろう。

そうなると、ある程度山が残っている事が望ましい。
だいたい8順目か9順目までにリーチをかけるのが理想と言えよう。

順目の遅いリーチは基本的にはお勧めは出来ないと言える。
1000点の供託料が少しもったいないだろう。

③待ちが良形であること

これについては説明は不要だろう。
しかし、良形であるからといって何でも○をつけてしまうのは良くない。
例えば、愚形であっても場に安い色だったり、引っ掛けが用意してある場合などは加点、
良形であっても場に高い色である場合などは割引が必要となる。

④効率良く得点が上昇すること

ピンフのみ、タンヤオのみのリーチはそれほど得点上昇効率は良くない。
1000が2000、1300が2600になるだけの事である。
もっとも順目も遅くなく、待ちが良形であれば悪くはないリーチだろうが、
これでは少し面白くないのもまた事実である。

リーチで一番うまみがあるのは子で3900、親で5800の手だ。
リーチの1翻アップで効率よく得点が倍増する。

子で5200、親で7700の場合は少し割り損な感じがする。
私であれば「ツモならダマ聴でもマンガンまで届く」「約1.5倍しか得点が増えない」
ということを理由にダマ聴に構えるだろう。

子で6400、親で9600以上が既に確定している場合はまずリーチはしない。
どうしても必要な場合を除いては原則ダマ聴である。

⑤その他特別な事情等

以上の四つに加え、その時々に応じてリーチをかける理由、
あるいはダマ聴でいるべき理由があるならそれも判断材料に加味する。
例えばこのような状況があった場合、

オーラス 0本場(供託のリーチ棒無) 東家 8順目 トップより△11700の2着 ドラ 五索

三萬四萬八萬八萬六筒七筒八筒二索三索四索五索赤六索七索北

既に11600が確定しているが、ロン和了の場合は100点足りないのでリーチが必要となる。

---

どうですか。案外単純でしょう。
でもこの5つさえチェックすれば、市販の何切る本の「リーチしますか?」というような問題は
大抵は正解できるはずなのです。

①~④は、○が多ければ多いほど良いリーチである。
⑤については、その時々の状況に応じて読者自身で判断していただきたい。

麻雀というのは多種多様な局面があり、点棒状況、残り枚数、牌勢等様々な要素が反射しあう。
麻雀にこの一手無しと俗に言われるのは、その時々に応じて正解というのも実に様々となる複雑さが所以があるのだ。

そして複雑であるが故に省き、シンプライズが必要となる。
麻雀という密林の中で迷いを避けるためには思考を一本化し、
そしてシステムとして組み上げてしまう事が一番望ましいのだ。

どこの麻雀クラブへ出かけるにもこのリーチの定石さえ覚えておけば、
君の攻めは冴えに冴えわたる事は請け合いである。
スポンサーサイト

ポンしない、チーしない、リーチしない

さて、前回の更新でリーチ病について述べたが、今回はそれの治療法を記してゆくことにしよう。
簡単なことである。以下の三つの約束を守っていただきたい。

①ポンしない
②チーしない
③リーチしない

この3つの縛めをつけて麻雀を打っていただくのだ。
リーチ病の克服のためにリーチをしない。至極単純な治療法である。

おいおいこんな簡単な話でいいのか?君は不安になるだろう。
しかしこれはかの雀豪、阿佐田哲也先生の考案したマージャン・ドリルであるからして、
先生のご勇名、そして現役時代の華麗なる戦歴はマージャンファンの君なら当然ご存知だろう。
それとも君は果たして大先生に足を向けて寝る覚悟がお有りか。
というわけで四の五の言わず、まずは騙されたと思って試していただこう。

おいおいこんな縛めをつけてちゃア麻雀にならねえじゃねえか。
そりゃそうでしょう。けどまァ一種の練習麻雀と思ってやってくださいな。
もちろん君の大切な虎の子を賭けての真剣勝負の場合はこんな窮屈な縛りは解いていただいても結構だ。
ただ、そういった特別な事情がない限り、なるべくこの縛めを解かないでいただきたい。
この状態でまずは一ヶ月、重症の患者の場合は三ヶ月もやってみるとしよう。

どうですか。
今までとはまるで違った風景が見えてくるでしょう。

東局 平場 子方 6順目 ドラ 八筒

三萬四萬三筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八筒九筒二索三索四索

こんな手牌を貰ったら君は今後、八筒を切り出して即リーチ!といった
ズブの素人のようなリーチをかけることはなくなるのだ。

ここはテンパイを拒否してテンパイトラズの打九筒が正着、
ツモ二萬または二筒でタンピン三色にドラの二丁がついたハネ満、倍満の伺える手牌を最高形として、
ツモ五萬、五筒、八筒というようなタンピンドラドラというのも魅力があるし、
ツモ三筒でリーチと行くのも悪くはなく、八筒が出たらポンして7700のリャンメンテンパイ、
というのも十分にうまみのある手筋であるからして、
このような感じで先々の未来予想図がくっきり見えてくるようになるはずである。

さて、この阿佐田式マージャンドリルの効能とは一体なんであるか。
それはひとつに打ち手に腰の重さを身につけさせること、
もうひとつは手牌に千万の変化を与えるツモの神秘性を再発見していただく狙いがあるのだ。

賭博というのはじっくり腰の重いものに有利に出来ている。
これはポーカー、花札、オイチョカブ、何をやらせても同じだ。
強い打ち手の90%はじっくり腰の重く、手の決定の遅い人なのである。

手の決定の遅いというのは何も切るのが遅くてイライラするとか、
他家にスピード負けしてアガリを攫われてしまうといったことではない。

自分の手のさまざまな可能性を検証し、そこに現在の趨勢を加味、
そしてそこからベストの一択を選ぶという懐の深い一打が打てるようになるという意味である。

君の周囲を見渡してみ給え。
腰の軽く、そわそわしたものに博打の強いものがいるだろうか。
博才に恵まれたものというのは皆どっしりと構え、そわそわしたところなど一つも無いではないか。

近年は赤ドラなどが登場し、昔と比べて麻雀の技術論というのもずいぶん変容してきたが、
根本的な根っこの部分というのは未来永劫変わることがないのだ。
腰を重く、焦らずじっくりという麻雀の基本をしっかり身につければ、
この先どんなルールが出てきても必ず対応できるはずである。

そしてもうひとつ、麻雀の蘊奥とも言うべきツモである。
麻雀の手牌というのはこのツモというもので幾千万にも変化していくのだ。

配牌のときはこのような目も当てられぬクズ手だったのが、

1

テンパイするころにはこんな良い手になっていることがある。

2

どうだろう。これがすなわちツモの力なのだ。
君はあの配牌を貰った地点でゲンナリして諦めてはいないだろうか。
第一打の地点でふて腐れてしまうのはまだ早い。
こんなことが現実にあり得るのが麻雀なのだ。

リーチを我慢し、牌山からツモ牌を取ってきてツモにかける、
こうすることであなたの手牌はまるで魔法にかかったかのように奇跡的な変容を遂げるのだ。
そしてそのツモの神秘性を放棄してしまう効率優先の先制リーチ合戦というのはいかがなものか。

さて、リーチに関するウンチクは一度ここで区切るとしよう。
次回の更新では喰い仕掛けの基本セオリーについて書き連ねてゆくつもりである。
それでは今回はこの辺で筆を置かせていただこう。

何でもリーチのリーチ病患者(後編)

---

さて最後になったが、タイトルに掲げたリーチ病とは一体どういう病症であるか。
この病気にかかった患者は「裏が乗れば~~」「ツモれば~~」と
いった言葉を何度も何度も口にするようである。
そしてテンパイが入るや否や、我慢たまらずリーチ!と咆哮するのだ。
それは競馬のゴール前での「叫び」に少し似ているだろう。
「いけッ!」「来い!」「オラ!走れ!」という例のあれである。

ところで、50ccの原付スクーターはフルスロットルでも時速50kmか60km程度が限度である。
なぜならそれが原付スクーターのエンジンの物理的限界だからだ。

生物、無生物の違いこそあれ、馬にも同じことが言える。
奇跡でも起きない限り、馬が自分の能力を超えて走ることなどまずあり得ないのだ。

裏ドラが乗る確率の計算式というのを前々回に述べた。
裏ドラの乗る確率というのは、牌の種類の多いピンフ手でも最大で38%、
チートイツに至ってはたったの20%程度しかない。

これが結局裏ドラの物理的限界であり、私にすれば裏ドラというのも
巷のイメージほど大したことはないように思えるのだが、
リーチ病患者にとってはその裏ドラこそが生命線であるらしい。

そうして3回に1回乗るのが関の山という裏ドラに過大な期待を抱き、
先々に行っての手牌の多様な変化は完全に視界の外へと消えてしまうのだ。

どうだろう。
これは人間から馬への退化、人間が目の前のニンジンを追う馬に退化している、
ということにならないだろうか。
この裏ドラというやつが打ち手の想像力を剥ぎ、貧弱にしてしまっているのだ。

リーチというのは割り得な役で、リーチをかければいろいろオマケがついてくる。
そのオマケに目がくらんでしまうために、小の虫を生かして大の虫を殺すという結果になってしまうのだ。

然るに、リーチに付随する様々なオマケというのは罠の付いた甘いエサだと思わねばならぬ。
目の前にぶら下がったニンジンを追って、今日も明日も牌を横に曲げ続けるというのではまずいのだ。

さて、次回の更新ではリーチ病の治療法方を記してゆこうと思う。
少々荒療治だが、この方法を使えば誰でも必ず快癒することだろう。
昨今は冷え込みがきつく、だいぶ寒くなってきたが、
読者諸兄も風邪とインフルエンザ、リーチ病には十分注意することである。

何でもリーチのリーチ病患者(中編)

---

どうですか。
君はここまでの展開を想像できましたか。

まさかあの369のノベ単がハネ満だの倍満だのといった話になるとは思いも寄らなかったことでしょう。
だがこれぞまさしく麻雀なのである。

あなたの前に並んでいる手牌13枚は決して無生物ではない。
生命を持ち、鼓動を脈打っていて、打牌者のひとツモ、ひとツモに応じて刻一刻と変化してゆくのだ。
その姿はまるで古代中国の伝記に登場する龍のように変幻自在である。

ここから先の手変わりを考察すればこの手はいくらでも伸びてゆくことが分かるのだから、
ここでのリーチは焦っているとしか言いようがないのだ。

スピード優先の手作りと慌てて焦る手作りはハッキリ趣を異にするものである。
369でリーチをかけると、慌てる乞食は貰いが少なくなってしまうのだ。

麻雀は4人で上がりを争うゲームである以上、4回に1回、必ず自分がアガれる回があるはずである。
これは俗にアガリ番と呼ばれ、確率的に考えてごくごく自然な現象なのだ。
だから少しくらいガメって速度が落ちたとしても、確率という絶対無比の神の手に守られている限り
そんなことは大した問題にはならないのである。

だから自分がアガれると思える手牌は最大限に伸ばしてゆこうではないか。
何せ自分が上がれるのは4回に1回しかないのだ。
その貴重な1回、貴重な25%をくだらないアガリで塗りつぶすことは
一体どれほどの機会損失になるだろうか。
そういう損失が積み重なってゆけばあなたからどんどんツキが離れていき、
ツモも配牌もどんどん悪くなっていくのではないか。

さて、この光り輝く打四萬ダマ聴という神懸かった妙手、残念ながらひとつだけキズがある。
それは手変わりを待っている間に三萬、六萬をツモってしまった場合だ。

これはかなり痛いだろう。
そのまま牌を倒してしまうのはかなり面白くない。
だが、アガリを放棄して高目を追うと、万が一失敗したときの牌勢の冷え込みが恐ろしい。
恐らくや東局の間は再起不能になるだろう。
したがって、私であれば三萬、六萬をツモったら苦虫を噛み潰したような表情で倒牌することになると思う。

こうなると次の展開はこのようになる。
君は「ほら見ろ、やっぱりリーチしておけば良かったじゃないか」と私に向かって言うのだ。
だがその点もきちんと考えてあるからご心配なく。

まずは前回の更新で述べた嬉しい手変わり牌を思い出していただこう。
オタ風、二萬、五萬、八萬の4パターンがあったが、オタ風には南、西、北の3つがあるから、
嬉しい手変わり牌は合計すると6種類ということになる。
対して、嬉しくない牌は三萬、六萬の2種類である。

となると、こういった状況が8回あるとすれば6回、100回なら75回、1000回なら750回、
手変わりを追う選択をした方が得をするという勘定になるではないか。

こういう大局的な損得計算が出来るかどうかがAクラス入りの条件となっていることがお分かりか。
結局、目先の損得だけを追って小さな利益、小さな幸福を得ているだけでは
名もなき平凡雀士で終わってしまうのである。

(後編へ続く)

何でもリーチのリーチ病患者(前編)

前回の更新でリーチについて述べたが、今回もまたリーチについてもっと深く掘り下げていこうと思う。
前回述べたように、現代麻雀ではリーチの存在感がひときわ大きくなっている。
まさしくリーチのかけ方が勝敗を決するといっても過言ではないのだ。

一部では近代麻雀は先制リーチ競争だ、誰よりも先にリーチをかけるのが必勝法だ、という向きもある。
確かに、昔から言われる麻雀の必勝法のひとつに「人より先んずる」というものがある。
「相手が二向聴なら自分は一向聴、相手が一向聴なら自分は聴牌」という具合にだ。

従って、棒テン即リーチという戦法がそれなりに市民権を得ているのは認めるが、
先制テンパイが第一目的になってしまってはそれは単なる絵合わせゲームである。
それなら三歳の幼児にでも出来るではないか。
麻雀というのはそこまで底の浅い競技ではないのだ。

東局 子方 平場 6順目 ドラ 七筒

三萬四萬四萬六萬七萬八萬九萬六筒七筒八筒六索七索八索 ツモ 五萬赤

上図は東局平場の子方、早い順目で三色模様のチャンス手が舞い込んできた。
あなたなら何を切るか。またリーチをかけるだろうか。

まずこの手、勢い余って四萬切りリーチとやる打ち手が実に多い。
これをやってしまったら負け組の烙印を押されても仕方ないだろう。
三萬切りリーチ、打九萬ダマは論外。
正解は打四萬ダマ聴となる。

では何故打四萬リーチが不正解で、打四萬ダマが正解なのか。
それはここから先の手牌の伸びにあるのだ。

その手牌の伸びについては後々ゆっくり述べるとして、
まずしばらくダマ聴でまわしてみようか。

どうだろう。君は歯がゆい気分になるだろうか。
何せ三萬、六萬では出アガリが利かないのだ。
せっかくのドラドラもこれでは損した気分になるかも知れぬ。

だが私には何故君が歯がゆい気分になるのかサッパリ分からないのだ。
ご存知の通り近年は赤麻雀が主流であり、皆赤ドラに合わせて内へ内へと寄せて牌組を組んでいる。
赤ドラと複合できる断ヤオはまさしく最強の役なのだ。
となるとこの序盤で三萬、六萬のような主要牌はそう簡単に出てくると思えないのだがいかがだろうか。

むしろ最初に整理されやすいのは九萬のような老頭牌だろう。
タンヤオ麻雀全盛の近代では孤立した老頭牌は数牌のクズ牌と言っても全く差し支えないのだ。

そして九萬が出てきたら君はニヤリと笑って牌を倒そう。マンガンを上がって早速一歩リードだ。
「九萬ならリーチでも出やすいじゃないか」などという寝言は慎み給え。
リーチでの8000とダマ聴の8000は同じではない。
闇討ちで8000をとった場合、次局からは相手は河の様子を気にするようになり、
手元が疎かになって打牌ミスをしてくれる可能性が高まるのだ。

さて、しばらくヤミ聴で回していたもののアガリ牌は出なかった。
そしてそのうちに手変わり牌をツモった。さあここからがお楽しみの始まりである。
ここからどのように展開していこうか。

ケース1:ツモ「オタ風」と来た場合。
これはなかなか気の利いた牌を引いてくれたものだ。
打九萬として三色が崩れぬように確定させてしまおう。
即リーチとしてもいいが、私はダマ聴でもう少し回してみようと思う。

ケース2:ツモ二萬と来た場合。
これもかなり嬉しい牌だ。タンヤオ確定でノベ単三面張は
リーチをかけて満貫確定、高目ハネマンと大爆発を狙おう。

369のノベ単三面張では高目三色となる牌が1種類しかなかったが、今回は2種類だ。
これなら高目期待も十分だろう。しかも今度はタンヤオまでついてくる。
369でのリーチとは爆発力が全然違うのがお分かりいただけるだろう。

ケース3:ツモ五萬と来た場合。
この牌こそ私の本命牌である。これは有無を言わさず即リーチだ。
八萬での和了こそ満貫と大人しいが(このリーチは満貫ですら大人しく思えるのだ)、
タンピン三色のつく二伍萬和了の破壊力は凄まじい。
何せメンツモ、一発、裏ドラ、このうちひとつが絡むだけで倍満まで届いてしまうのだ。

ケース4:ツモ八萬と来た場合。
このケースは高目三色となる牌は八萬だけしかなく、しかもそれは自分で二枚使っているが、
タンヤオ、ピンフがすでに確定しているため、それなりにバランスは取れていると言える。

私はこの手も即リーチといって、メンツモ、一発、裏期待でハネ満、倍満を目指す。
ただし、どれでアガっても最低7700が保証されているから、
ダマ聴で構えて確実に討ち取りに行っても良いだろう。

(中編へ続く)
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。