スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チートイか、トイトイか

麻雀を背骨で打つ新津潔プロは、チートイツは嫌いだと公言して憚らない。
チートイツという役はとにかく遅く、なかなか手が進まずにイライラしてポンッ、
とやってしまった経験は誰にでもあるだろう。

しかしながらチートイツはドラが絡めばかなりの破壊力になるし、うまくいけば四暗刻に渡ることも出来る。
一般には守りの手役とされるチートイツだが、攻撃の面でもなかなかに強力な手役である。

対して、同じトイツ系の役としてトイトイホウがある。
トイトイは同じ牌を3つ揃えれば一面子となり、ドラえもんのドンジャラと同じであるから、
バカでも出来るトイトイホウなどと揶揄されたりする。

しかしながら、バカでも出来るトイトイホウにもセオリーがあることを忘れないで欲しい。

東1局 平場 子方 3順目 ドラ 西:麻雀王国

三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国西:麻雀王国 ツモ 六萬:麻雀王国

一見してメンタンピン三色を狙えそうな手牌だが、
序盤からリャンメンを思うように引けず、4トイツが出来てしまった。
こんなときは、自分の欲しい筋は大抵は他家がトイツで持っているものだ。
自分の手牌にも、三萬、六萬と、筋でトイツが出来ている。
これをスジトイツと言い、一般にはトイツ場のサインとされている。

こんな時はピンフは狙わず、トイツ系の役を狙うと良いだろう。
では、チートイツとトイトイのどちらを狙うか。

こんな時は、チートイツを狙うのが正解だ。
何故トイトイを狙うべきではないか、答えはその牌組にある。
手牌には中張牌が多いが、赤ドラ麻雀では中張牌は使い勝手が良く、
人気エリアであるため皆なかなか捨ててくれないものだ。

だから、手が進まなくてイライラしても、我慢できずにポンッ!とやらずに、
チートイツで手が纏まるのをじっくりと待つべきである。

それでは、次のような手はどうか。
東1局 平場 子方 3順目 ドラ 西:麻雀王国
一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国八萬:麻雀王国三筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国白:麻雀王国 ツモ 白:麻雀王国

序盤で4トイツ、牌組は端牌、字牌中心、こんな手こそがトイトイホウに向いている。
鳴ける牌が出たら積極的に鳴いて行こう。
上手く行けば三色同刻もつくかも知れない。

ところで、俗にバカ混とはよく言われるが、
バカトイトイとは何故か言われないのは筆者には不思議でならない。
トイトイホウも、他に役が付かなければ2600点でお終いである。それこそバカトイトイだ。
然るに、トイトイホウは打点が5200点以上あることが必要の条件になろう。

5200点と言うことは3ハンだから、トイトイで二役、あと一役は何をつけるか。
一般的なのは翻牌やドラといった辺りになると思う。
前述の理由に拠り、断ヤオ、トイトイホウという組み合わせは
あまりセンスがよろしくないように筆者には思えるのである。
スポンサーサイト

五の早切りは一四、六九か

五の早切りは一四、六九と俗に言う。
これは二三五や、五七八という牌の並びを残しておいても受け入れの面でメリットは無く、
遊び牌の五をいつまでも抱えていても後々危険牌になるだけであるから、
五を先切りして一四、六九というスジを早々に確定するという牌理に基づくものである。

序盤で四五五や五五六から五を先切りする打ち手もなかなか居ないだろうから、
五の先切りは一四、六九というのは一定の市民権を得たセオリーと言えよう。

ところが筆者は近頃の赤全盛のルールにおいて、このセオリーも変容しつつあると考えている。
まずは以下の手牌を見てみよう。

東1局 平場 西家 4順目 ドラ 九索
二萬三萬五萬三筒四筒五筒五筒六筒五索六索七索八索九索北

なかなか牌姿の整ったリャンシャンテンで、先制パンチを打つには絶好の手だ。
昔だったら、こんな手は遊び牌の五萬を抱えている意味は無いからさっさと切って、
安全牌の北を残すなんてのがセオリーだったと思うが、今はどうか。

この手から北を切るのは安全牌を抱えずノーガードになってしまい、危険なように見える。
しかし、ここで五萬を離し、スジを一四萬に固定してしまうとどうなるか。

近頃は赤ドラ入りのルールが殆どであるから、他家からの一九の出が殊に早い。
赤ドラ無しのルールに比べて、一九が枯れるのが早くなりがちなのだ。
やっとテンパイまで漕ぎ着けて気づいたら、一九がもう在庫僅少ということも少なくない。

然るに、せっかくのリャンメンテンパイでも実質上はペンチャン待ちを強いられることとなり、
この頃は一四や六九は端にかかった良い待ちとは言えなくなってきているのではないか。

従って、ここから五萬を切らずに残しておくという牌理があり得るのだ。
ここで五萬を残しておけば、一萬が枯れても六萬を引けば三萬、二萬と離していけば良いし、
あなたにラッキーがあれば赤五萬をツモることだってあるやも知れぬ。
ツモ六筒ときたら五筒を切り、三六万への渡りを残しつつ、
四七索が先に入ったら五萬を切ってリーチと出る。
赤入りルールでは早い段階で五を離すことは機会損失につながるのだ。

すなわち、早い段階で五の切られること自体が少なくなってきているということになるのだが、
そんな事情がある中で早い段階で五を離す打ち手はどういう打ち手か。

早い段階で五が必要ない役はチャンタ、トイトイ、チートイツ、一色役、国士無双だろう。
このうちスピードも打点も割損なチャンタ役を除くと、残るは一癖ある特殊役ばかりとなる。
五の早切りは特殊役というのが近年のセオリーであるように筆者は思うのだ。

第一打で字牌を切ると運が逃げるか

第一打で字牌を切ると運が逃げるから第一打字牌切りは禁止というのは、
某かの麻雀道場で現実に指導されていることである。
同道場の師範代の教えを忠実に守り、何が何でも一打目で字牌を切らないプロも少なくないらしい。

しかしながら、ただ頭ごなしに一打目で字牌を切るなと言われても、
素っ頓狂なアドバイスで読者諸賢も受け入れ難いに違いない。
そこで今回は、第一打で字牌を切ることについて筆者の所見を述べることにする。

東局 平場 子方 1順目 ドラ 二筒
一萬二萬六萬九萬六筒七筒一索三索五索七索南西北中

うわァひどい手、バランバランだ。
完成メンツはひとつもなく、索子で一三五七と西ヨーロッパ型が出来てしまっている。

こんなひどい手のときに一打目から字牌を切る打ち手は、まず決まってうまくない。
こんなペンチャン、カンチャンだらけのボコボコの手牌は纏まるまで何順かかるか分からないし、
仮に運良く纏まったところでリーチピンフで2000点、裏がついても3900が関の山である。

だからこのような手牌のときは字牌を手放さず、手元に抱えておいたほうが良い。
こんなクズ手で頑張って手を進めても、他家にスピード勝負で敵うはずがなく、
中途半端に手が進んだところで先制リーチされて受ける牌が無く、途方に暮れるのがオチである。

東局 平場 子方 1順目 ドラ 八索

一萬三萬四萬五萬赤一筒一筒八筒九索東南南西北白

ああ残念、九種九牌まで後一牌だった。こんなひどい手は流してしまいたいのに・・・。
でも九種九牌無いものは仕方ない。これもクズ手ですから字牌から切らないで下さいね。
筆者であれば三四赤五萬と切り出して、ダメでもともとの国士無双を狙ってみるところだ。

東局 平場 西家 1順目 ドラ 九萬
二萬三萬六萬七萬七萬八萬五筒赤七筒四索西白白發中

こんな手の時も、うっかり西から切ってしまう人は普段から注意散漫である。
手牌を良く見てくださいね。九万を受け入れやすく、ワンズ一色で7700が狙えますね。
それと、西は自風牌で役牌になりますから、手拍子でうっかり捨てないでくださいね。



さて、ここまでは一打目で字牌を切ってはならない例を並べてみたが、では次のような手はどうか。

南4局 2着目に+3100の1位 南家 1順目 ドラ 發
三萬四萬六萬三筒四筒五筒八筒四索五索六索七索東南白

いわゆるアガリトップというような局面であるが、
ここは問答無用で第一打目から字牌を切り飛ばしていってよろしい。
例え1000のみであろうとも、ここはアガリさえすれば君のトップは確定である。
このような早逃げの局面では、安全牌を抱いてはならぬ。
中途半端に浮いている八筒でも、上手く重なれば雀頭の都合がつくかも分からない。
ここで変に安全志向に出て八筒を切ってしまうと、その一手が致命的な遅れになりかねないのだ。

--

さて、ここまでざっと筆者の所見を述べてみたがどうですか。
何が何でも第一打字牌切り禁止というのは、単なる馬鹿の一つ覚えでしょう。

本ブログでも繰り返し何度もクドクド述べているが、麻雀にこの一手など無いのだ。
その時その時の状況を理解して、状況に応じるということが何よりも大切な基本である。

しかしながら、巷の打ち手を眺めていると、字牌を粗末に扱って後々の安全牌に詰まったり、
混一色や国士無双を逃してしまうケースが多々見受けられる。

筆者は某師範代のように、男の品格は屁にも出ると主張して、
自分の弟子に自分の屁を嗅がせるようなことはしないけれども、
安直な第一打での字牌切りには異を唱えるものである。

麻雀では、順子を形成しない字牌はクズ牌であると言えるが、
歩の無い将棋は負け将棋と言う様に、クズ牌を笑うものは、クズ牌に泣かされる事になるのだ。

手が悪いときはブラフを効果的に用いる

麻雀は4人でアガリを競う競技である以上、自分がアガれる回数は4回に1回と決まっている。
これは東風戦なら1回、東南戦なら2回ということになるから、自分のアガリ番というのはかなり貴重だ。

然るに、残りの4分の3はアガりたい気持ちをこらえ、ツキが回ってくるまで耐えて忍ぶ事となる。
しかし君がベタオリすることを他家に悟られると、他家はアガリに向かって真っ直ぐ不要牌を切ってくる。
これでデカいのをツモられてしまったら、これほどつまらないことはないだろう。
今回は、自分の手が悪い時に少々役に立つテクニックを紹介しよう。

東局の北家、ドラは南、君のもらった配牌は以下の様相である。

三筒四萬五萬赤二索四索六索八索九索南西西北白

完成面子はひとつもなく、カンチャンで穴ぼこだらけのひどい手だ。
特急券も頭を揃えておらず、アガるまでにいったい何順かかるか分からない。
今回ばかりは名手の君がいかにうまく手牌を指導してもアガリは難しそうだがどうするか。

このような時は四萬や赤五萬から切り出してゆくのが正解だ。
索子や字牌が出たら鳴き、ダメでもともとの一色役を目指していこう。

君の手はバランバランで話にならないのだから、
架空の一色役を立ち上げ、張子の虎で他家を脅しつけるのだ。
そのためには赤ドラ含みの両面ターツから切り出し、捨て牌でチャンス手を演じるのがよろしい。
君がアガれなくても、他家の進行を妨害できればそれで十分だし、
張子の虎が本物の虎になることだってあるやも知れぬ。

いずれにせよ、普通のメンツ手を目指しても遅くて安いのだから、
ここは思い切って奇策に打って出るべきだ。

東局 平場 子方 1順目 ドラ 一筒

三萬六萬八萬一筒一筒五筒七筒四索七索九索西北中

このような手も、ドラポンで仕掛ければ、他家は役牌バックや対々和を警戒し、関連牌を絞ってくる。
これが他家に対する枷になり、回し打ちをさせるように仕向ければ君の演技は上々である。

ブラフというのは麻雀劇画の主人公が用いるような特殊技能と思われがちだが、
実のところは誰にでも使えるごく一般的なテクニックである。
ただ、本当はバラバラと悟られてしまっては台無しだから、
君は神妙な面持ちでポーカーフェイスを作り、第一打から流局までそれを貫くこととしよう。

東局 平場 子方 12順目 ドラ 五筒

三萬四萬一筒四筒六筒六筒八筒九筒三索五索東西北 出る 二萬

対面がリーチ、脇の二人はベタオリ気配として、
ここで君も白旗を揚げてベタオリしてしまうと脇の二人を楽にしてしまう。

ここは上家から出た二萬を鳴き、ファイティング・ポーズをとるのだ。
(もちろん、最後まで降り切れる牌を持っていることが前提である。)

こうすれば場が一気に緊迫し、「リーチに向かっていくとは何ぞや。
手中にドラでも抱えているのか。」と脇の二人は警戒する。
これが彼らにとって精神的な負荷になり、状況判断に迷いが生じて、
ミスを犯してドボンしていただければ、次局は君の方に風が吹くはずだ。

ヤオチュー牌のドラの処理方法

配牌作業の後、ドラをめくるとヤオチュー牌だった場合はガッカリしてしまう。
ヤオチュー牌は言わばクズ牌だからメンツを構成する見込みの薄く、
リーチ、ピンフ、クイタン、いずれにせよ使いづらい。
ドラを組み込んでのお手軽マンガンが望み薄くなり、君はこの局、我慢を強いられ面白くないのだ。
もっともそれは他家にとっても同じであるから、つまらない思いをしているのは皆同じなのだが、
ヤオチュー牌のドラは使い勝手が悪く、五に寄せて手を作る赤ドラ麻雀が標準の近代では
歓迎されていないことは確かである。

然るに、ヤオチュー牌のドラには未練を持たず、序盤でサッと切ってしまうのが賢いと私は思う。
「親の字牌ドラ第一打」なんてセオリーを知ってる人はかなりのオールドファンだろうか。
親番ではまずは連チャンせねばならないから、後々トイツになっても後悔したりせず、
ヤオチュー牌のドラに足を取られてのスピードダウンを回避すべきである。

東局 平場 親 1順目 ドラ 九萬
二萬四萬九萬三筒四筒四筒五筒三索五索五索八索八索白中

さて、こんな感じで配牌からドラが浮いている。
こんな時は切り順の大原則があることを覚えておいて欲しい。
これは先に九萬から切り、役牌はその後で処理するのがセオリーだ。

仮に他家にこんな手が入っていたとしたらどうだろう。

裏裏裏裏裏裏裏裏裏九萬九萬東白

ここで九萬を仕掛けると、まずクイタンの可能性が消える。
残る可能性は役牌バック、一色役、対々和、いずれも満貫以上の大物手だから役牌が引っ込んでしまう。
まだ役牌も重なっているわけでないからアテにならないし、九萬を頭にしてのピンフ、
あるいは役なしをリーチで補うということも考えなければならぬ。
従って、九萬から先に切られた場合、他家は渋々見送るというケースが多くなるのだ。
もしここで九萬の処理を後回しにし、その一順で役牌を重ねられてしまったらこれは大変な災難である。

だが麻雀にこの一手なしと言われるように、毎度毎度の馬鹿の一つ覚えというのは禁物である。
例えば以下のような配牌だったらどうか。

東局 平場 親 1順目 ドラ 九萬
一萬三萬五萬六萬六萬九萬三筒四筒七索八索東白發發

この手の場合は親の字牌ドラ第一打、で九萬から切るのはまずい。
手牌をよくよく見ると混一色や一気通貫の可能性がある。
従って、ここはヤオチュー牌のドラを生かせるような手作りを考えるべきだ。

クズ牌を蔑ろにした結果、捨て牌で混一色や国士無双を作ってしまった経験は誰しもお持ちだろう。
セオリーというのはあくまでも状況に拠り、場の趨勢を加味するということを忘れないで欲しい。
プロフィール

Author:山猫@ニャー
※リンクはご自由にどうぞ。
 管理人の承諾は不要です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。